テサランの効果的な使い方|こんな風に使うと・・・・

テサランの効果的な使い方|こんな風に使うと・・・・

 

テサランを購入された方の中にはどう使えば一番効果的なの?
使い方はどうするのが一番ベストなの?と悩んでいる方がいらっしゃると思います。

 

 

管理人も正直商品を購入した時正しい使い方などあまり調べないで購
入してしまった経験があり、悩んだ思い出があります。

 

 

ですので今回はテサランの効果的な使い方について紹介していきたいと思います。

 

最後まで見ることでテサランの効果を最大限発揮できるような使い方や
逆にダメな使い方などがわかるのでぜひ最後まで見てみてください。

 

 

まず正しい使い方とは?

 

テサランのまず正しい使い方を紹介します。
正しい使い方については公式サイトに載っているのでここで紹介します。

 

 

 

この画像の内容をまとめると

 

STEP1お風呂上りや就寝前など手汗が出ていない状態のときに適量を手にとる
STEP2両手にまんべんなく塗り広げる

 

 

おすすめのタイミング 朝の支度をするとき、トイレで手を洗う時、お風呂上り、就寝前

 

 

※適量を手汗をかく前にまんべんなく塗り広げる

 

※量が少な過ぎると効果が半減してしまうので注意!

 

※テサランを塗った後、手を濡らしてみると水をはじき、コーティングされていることがわかります。

 

こんな内容が書いてあります。

 

ですので
正しい使い方はシンプルで手汗が出ていないときにまんべんなく塗り広げればOKです。 

 

 

ですが実は効果を実感している人たちはある工夫をしています。

 

 

効果的な使い方とは?

 

 

テサランを効果を実感したという人は同じ工夫をしているのでここで紹介します。

 

テサランを米二粒程度の量を一日に2回以上塗る

 

 

テサランは72時間さらさらが持続すると紹介していますが、そこまで持つわけではなく
だんだんと効果が薄まってきてしまいます。

 

 

ですので米二粒程度の量を複数回に分けて塗ったほうが効果的です。
回数は手汗の度合いによって変えることをおすすめします。

 

 

目安としてはあまり手汗をかかないという人は
2回程度手汗をよくかくという方は3回以上で好みで調節していくという感じです。

 

とにかく水気をなくしてから塗る

 

 

手を洗ったときなどどうしても水滴が残っていたり、
それ以外にも手汗をかいてしまって湿っていたり、そのような場面が頻繁にあると思いますが、

 

 

ハンカチやティッシュなどで一度水気をとってから塗ることがおすすめです。

 

 

下手に水などをつけてしまうと手に広げやすいかもしれませんが効果が半減してしまいます。
ですのでしっかり水気を取ってから塗ることをおすすめします。

 

 

お手洗いなどで手を洗った後は塗りなおす。

手を濡らしてみることで水をはじいていることがわかると思いますと
公式サイトには書いてありますが、そんなことはしない方がいいです。

 

 

手を洗ったりするとどうしてもテサランの効果が薄まってしまいます。
ですので手を洗った後、ハンカチで入念にふき、塗りなおすことで効果を元通りにすることができます。

 

 

 記事のまとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今現在効果が実感できていない人はぜひ一度この使い方を試してみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【関連記事】

 

テサランの口コミは嘘・・・?効果の真実とは?

 

テサラン成分とは?本当に安全かどうか徹底調査!

 

テサラン副作用が・・・成分や口コミなど徹底調査